鹿児島、韓国 封印された歴史を解く

戦争末期
鹿児島には1万人の
強制連行朝鮮人がいた

沖縄に次ぐ本土決戦の場は、鹿児島が想定されていた。飛行場建設などのため、強制連行朝鮮人一万人。たくさんの死者が出たが墓標もない。史実を掘り起こし遺骨返還が実現した。


日韓同時刊行

編者 「鹿児島、韓国 封印された歴史を解く」刊行委員会
判型、他 四六判 161ページ
型番 4-931376-74-6

定価 (販売価格)

1,400円(税込1,512円)
購入数


お知らせ


ブログ・からいも畑から


下田写真帳


メールマガジンで新刊案内をお送りさせていただきます

Top