獲って食べる!海辺を食べる図鑑

海辺は自然の野菜畑、生き物たちの牧場だ

海辺は食べられる生き物の宝庫である。しかも、それが全てタダなのである。
本書は、著者が実際に自分で獲って食べた海藻、貝、エビ・カニ、魚、川の生き物136種を解説している。いずれも、子供でも手軽に獲れることを掲載の基準にしている。
この本一冊あれば、子供も大人も海辺がもっと楽しくなるにちがいない。
さあ、海辺に行こう! 獲って食べよう!

おいしい!136種。なんと、丸ごと全てタダ!!

内容(目次より)

基本装備
貝の塩茹で
魚をさばく
各部の名称
毒のある海の生き物
◎獲って食べる
 磯の海藻
磯の貝
磯の生き物
磯・堤防の魚
砂浜・干潟の生き物
海辺の植物
川の生き物

著者 向原祥隆
判型、他 A5判 173ページ オールカラー 

著者紹介

向原祥隆(むこはら よしたか)

1957年、鹿児島県日吉町生まれ。1980年京都大学農学部卒業。東京に本社を置く広告出版会社を経て、1992年Uタ-ン。1994年に図書出版株式会社南方新社を設立、代表取締役に就任。450点を出版、現在に至る。著書に『地域と出版』(南方新社、地方出版文化功労賞奨励賞)

型番 978-4-86124-312-7

定価 (販売価格)

2,000円(税込2,160円)
購入数


お知らせ


ブログ・からいも畑から


下田写真帳


メールマガジンで新刊案内をお送りさせていただきます

Top