写真でつづる アマミノクロウサギの暮らしぶり

神秘の森に棲む
日本の特別天然記念物。
世界で初めて撮影に成功した
写真の数々で構成する。

奄美の奥深い森に棲み、また夜行性のため、謎に包まれていたアマミノクロウサギの暮らしぶり。本書は、繁殖、乳ねだり、授乳、父ウサギの育児参加、放尿、マーキング、鳴き声発しなど、著者が世界で初めて撮影に成功した写真の数々で構成する。


内容(目次より)

アマミノクロウサギに双子誕生 
アマミノクロウサギの親子 
アマミノクロウサギの採食 
アマミノクロウサギの土穴での繁殖 
アマミノクロウサギの暮らしぶり

初めて明らかにされる、驚異の生態――。

常田守・奄美自然環境研究会会長は次のように言葉を寄せています。「今回、勝廣光氏のこの本によって、多くのアマミノクロウサギの生態が明らかになった。人類の知らない彼らの生活が一つひとつ写真に収められ、この本で見ることが出来る。何と幸せなことだろう、そして、勝氏に「ありがとう」と感謝の言葉と、「お疲れさま」とねぎらいの言葉を、心の底から献じたい。」


著者 写真・文/勝 廣光
判型、他 A5判、107ページ

著者紹介

勝 廣光(かつ ひろみつ)

1947年、奄美大島笠利町に生まれ。高校卒業後上京し、写真関係の仕事に従事。1984年、奄美大島に帰島。島嶼ならではの動植物の撮影に取り組む。奄美自然環境研究会会員。 著書に『奄美の稀少生物ガイド1』(南方新社、2007)、『奄美の稀少生物ガイド2』(南方新社、2008)。

定価 (販売価格)

1,800円(税込1,944円)
購入数


お知らせ


ブログ・からいも畑から


下田写真帳


メールマガジンで新刊案内をお送りさせていただきます

Top