新しいお手玉の世界

静かなブームが始まっている

お金もいらず脳を活性化。
手軽な健康づくりに注目が集まっている。
大人の遊びとして復活したお手玉。現在では、お手玉遊びの全国大会もある。お手玉演舞といった現代の遊び方も生まれた。
お手玉をこよなく愛する人々が、その奥深い世界と遊び方を伝授する。

創作お手玉遊び15種類収録

内容(目次より)

第1章 絵で見るお手玉の和、笑、輪
第2章 お手玉で遊ぼう
      ―創作お手玉遊びのいろいろ―
  第3章 お手玉の世界に生きる人々
      ―「お手玉ゆって〜和、笑、輪〜」の実際―
第4章 お手玉を楽しむってどんなこと
第5章 お手玉をこよなく愛する人々の〜和、笑、輪〜
第6章 鹿児島お手玉の会の10年の歩みと現状

著者 山本清洋
判型、他 A5判 146ページ

著者紹介

山本清洋(やまもと きよひろ)

1942年、熊本県に生まれる。東京教育大学大学院修士課程修了。博士(教育学)、体育学修士。鹿児島大学名誉教授。日本のお手玉の会副会長、鹿児島お手玉の会会長、伝承遊びと創作遊びを育てる会会長。著書に『子どもとスポーツ〜果敢なる警告』(三考堂)、『子どもスポーツの意味解釈』(日本評論社)、『トム・ソーヤーからの贈りもの 戞紛明鄲膤惱佝派堯法◆悒肇燹Ε宗璽筺爾らの贈りもの◆戞紛明鄲膤惱佝派堯法◆慇萓犬離櫂吋奪函岨を越える青年教師の実践』(熊本出版文化会館)など

型番 978-4-86124-275-5

定価 (販売価格)

1,500円(税込1,650円)
購入数


お知らせ


ブログ・からいも畑から


下田写真帳


メールマガジンで新刊案内をお送りさせていただきます

Top