TOP >

鹿児島環境学

奄美最深部・徳之島、
世界自然遺産へ向けて

2011年6月、小笠原諸島が日本で4件目の世界自然遺産に登録され、残る最後の候補地・奄美群島(琉球諸島)に注目が集まる。
その中でも「長寿の島」「闘牛の島」として名高い徳之島は、照葉樹林がまとまって残る森林、「生きた化石の島」とよばれるほど豊富な固有種、南島考古学史上最大の発見「カムィヤキ古窯跡」など、最も注目すべき島である。
本書は、鹿児島・奄美を拠点とする研究者、国・町などの行政関係者が、徳之島を論じる。さらには近年、にわかに沸き起こった米軍基地移設問題をも伊仙町長のインタビューを交えて考察。
世界自然遺産を目指す奄美の最深部・徳之島に挑む。

内容(目次より)

特別インタビュー
  ・白幡洋三郎(国際日本文化研究センター教授)
  ・伊藤祐一郎(鹿児島県知事)
  ・吉田浩己(鹿児島大学学長)
【特集 徳之島】
 冒頭対談
   徳之島から日本を考える
   徳之島論
                1.徳之島の力
                    2.考古学からみた徳之島の生活文化
          3.徳之島の植物
                   4.徳之島に生きる−古老の群像
            5.徳之島と戦争死者−戦局・環境複合の慰霊論
      6.徳之島の自然と米軍基地問題
 ◎奄美群島部分の地域名称とその経緯
      ◎2010年の奄美水害による住用干潟への影響から考える人と自然の「共生」
   ◎2011年霧島山新燃岳噴火と霧島ジオパーク  ◎屋久島環境文化財団の模索と展望
       

編者 鹿児島大学 鹿児島環境学研究会
判型、他 A5判 278ページ

著者紹介

小野寺 浩(鹿児島大学環境プロジェクト担当学長補佐)

新里亮人(伊仙町教育委員会学芸員)

宮本旬子(鹿児島大学大学院理工学研究科准教授)

小栗有子(鹿児島大学生涯学習教育研究センター准教授)

西村 明(鹿児島大学法文学部人文学科准教授)

松岡由紀(伊仙町経済課主事)

水谷知生(環境省自然環境局生物多様性センター長)

河合 渓(鹿児島大学国際島嶼教育研究センター准教授)

井村隆介(鹿児島大学大学院理工学研究科准教授)

岩田治郎(鹿児島県環境技術協会環境普及推進部長)

型番 978-4-86124-226-7

定価 (販売価格)

2,000円(税込2,200円)
購入数


お知らせ


ブログ・からいも畑から


下田写真帳


メールマガジンで新刊案内をお送りさせていただきます

Top