奄美学 その地平と彼方

奄美の
シマジマ~から発信する


琉球弧・奄美の歴史、考古、民族……。研究者27名が結集。
1974年、奄美学が初めて提唱されて以降、奄美の島々では歴史、考古、民俗の地道な研究が続けられてきた。あれから30年、27名が結集し成果をまとめた。
「奄美の人が奄美を認識し自己を規定していく、奄美学を確立する時期にきている」(1974年)


奄美学の提唱者、山下欣一博士の
退職記念刊行

推薦人

赤嶺政信 琉球大学教授
石垣 繁 八重山文化研究会会長
石垣博孝 石垣市史編纂委員
小川学夫 鹿児島純心女子短期大学教授
狩俣恵一 沖縄国際大学教授
関根賢司 静岡大学人文学部教授
仲宗根將二 宮古郷土史研究会会長
波照間永吉 沖縄県立芸術大学附属研究所教授
藤井貞和 詩人
古橋信孝 武蔵大学教授

編者 「奄美学」刊行委員会
判型、他 A5判 上製 620ページ
型番 4-86124-026-3

定価 (販売価格)

4,800円(税込5,280円)
購入数


お知らせ


ブログ・からいも畑から


下田写真帳


メールマガジンで新刊案内をお送りさせていただきます

Top