徳之島の民俗文化

奄美の古層が息づく島

琉球と九州の間に位置する奄美群島は、独自の自然と文化が注目されている。
中でも、奄美のヘソとも称せられる徳之島には、最も奄美らしい習俗が残っている。
集落の構造、聖地、祭場、年中行事、しまぐち、ことわざ、民謡……。
奄美世界の最後の扉が開かれる。

内容(目次より)

機.轡泙僚相
  ヤマト文化圏と琉球文化圏
  奄美文化の中の水稲(いね)と甘蔗(きび)
  徳和瀬(徳之島町)の民俗社会
  シマ(集落)のコスモロジー
   ―奄美・徳之島の徳和瀬集落の事例―
   ハマオリ儀礼の基本構造と夏目踊り
   ―徳之島町徳和瀬集落の事例を中心に―  ほか

供,靴泙阿繊Δ海箸錣供μ瑛
  シマのことわざにみる「魂」の系譜 
 シマの古謡十番口説にみる生命の讃歌
 「諷(そえ)歌(うた)倒語(さかしまごと)」と「サカウタ」の関連
 徳之島の「口説(くどき)」について
  奄美島歌の伝播と変容
  ―ちょうきく節の事例を通して―
  徳之島の毬つき唄「アーガヤ ガムクラ」について  ほか

奄美世界の最後の扉が開かれる。

著者 松山光秀
判型、他 A5判 上製本 280ページ

著者紹介

松山光秀(まつやま みつひで)

1931年(昭和6年)鹿児島県大島郡徳之島町徳和瀬生まれ。1950年(昭和25年)宮崎大学入学、52年(昭和27年)病気のため中退し帰郷。1961年(昭和36年)徳之島町役場勤務、91年(平成3年)総務課長を勤め退職。以降、徳之島郷土研究会長、奄美文化財保護対策連絡協議会長、徳之島町文化財審議委員などを歴任。著書『徳之島の民俗機.轡泙里海海蹇戞愼素慧腓量餌供.魁璽薀襪粒い里瓩阿漾戞紛Δ北ね莠甸)。2008年(平成20年)逝去。

型番 978-4-86124-149-9

定価 (販売価格)

3,000円(税込3,300円)
購入数


お知らせ


ブログ・からいも畑から


下田写真帳


メールマガジンで新刊案内をお送りさせていただきます

Top