大島紬誕生秘史

伝説の紬職人を追う。

独特の風合いと緻密な柄で多くの女性を惹きつけ、有名ブランドとしてゆるぎない地位を占める大島紬。本書は、現在の大島紬の基礎を築いた伝説の紬職人にスポットを当てる。

内容

序  章 大英断、締機の開放
第一章 高機の開発
第二章 締機を求めて
第三章 大島紬全島へ
第四章 大島紬、全盛へ

紬研究の第一人者、渾身の労作

著者 重村斗志乃利
判型、他 四六判並製 230ページ

著者紹介

重村斗志乃利(しげむら としのり)

1950年名瀬市生まれ。1969年県立大島実業高校卒。1970年鹿児島県大島染色指導所図案科伝修生。1971年図案デザイン事務所勤務、鹿児島県知事賞その後毎年十数回受賞。1975年鹿児島県大島染色指導所機織図案研究室研究員などを経て、2004年森羅デザインスタジオを設立、現在に至る。特殊袋締め法、特殊交代締め、裾模様大島紬、筵加工法による絣擦り込み、小型手織り機など数々の技法を開発した。

型番 978-4-86124-101-7

定価 (販売価格)

2,000円(税込2,200円)
購入数


お知らせ


ブログ・からいも畑から


下田写真帳


メールマガジンで新刊案内をお送りさせていただきます

Top