大島紬の源流を探る

世界で最も精巧緻密な大島紬
大島紬は、何時、何処から来たのか?

1975年、国の伝統的工芸品第一号として指定された大島紬。外来織物文化と在来織物文化が同化、残存する世界で最も精巧緻密な大島紬は、何時、何処から来て、どう進化したのか、明らかにする。


■内容(目次より)

第一章 大島紬の源流を探る
  奄美大島の概要
  奄美大島の歴史と大島紬の変遷
  大島紬の特徴
  要約
第二章 大島紬の織りなす洋装ライフスタイル
第三章 パターンメーキングの製図

奄美群島の文化遺産、
大島紬の全体像を明らかにする

著者 西之園君子
判型、他 A5判、110ページ、オールカラー

著者紹介

西之園君子(にしのその きみこ)

1943年 鹿児島県に生まれる。
1986年 大妻女子大学大学院家政学研究科
      被服学専攻修士課程修了・修士
1987年 鹿児島純心女子短期大学助教授
1997年 鹿児島純心女子短期大学教授
2003〜2018年 伝統的工芸品大島紬活性化推進の一環として、学生の柔軟な発想で創作した大島紬のファッションショーに取り組む。
2007〜2013年 鹿児島県産業教育審議会委員
2011年 本場大島紬産地活性化計画策定委員
2018年 鹿児島純心女子短期大学退職
2019年より鹿児島純心女子短期大学名誉教授
著書『はじめての在宅介護―母から学んだ介護と福祉―』(1998年)医歯薬出版
論文「被服教育におけるファッションビジネス演習―インターンシップ導入の試み―」『月刊家庭科教育』(2007年74巻5号)家政教育社ほか

型番 978-4-86124-454-4

定価 (販売価格)

1,800円(税込1,980円)
購入数


お知らせ


ブログ・からいも畑から


下田写真帳


メールマガジンで新刊案内をお送りさせていただきます

Top