小学校の二宮金次郎さん 鹿児島県全調査資料

あなたの金次郎さんは、
お元気ですか?

大正時代から、日本全国の小学校に次々と建てられてきた二宮金次郎像。戦時中には、銅像のほとんどが供出されたが、戦後、銅像のほか、石像、コンクリート像、陶像として、多くが甦った。金次郎像は、ずっと子どもたちを静かに見守り、今もその姿を見せている。本書は、鹿児島県の金次郎像、165体の写真および調査記録集。


内容(目次より)

鵯 薩摩地方
出水市6校ほか全70校
鵺 県央地方
鹿児島市26校ほか全41校
鶚 大隅地方
曽於市7校ほか全35校
鶤 熊毛・奄美地方
西之表市2校ほか全19校
総合計165校165体の金次郎像の写真及び像に関する詳細データ

資料 金次郎さんについて
①金次郎さんの生まれ故郷
②報徳思想
③金次郎さんのあゆみ
資料 鹿児島の金次郎像について
①全調査記録
②年別建立数
③材質一覧
④金次郎さんの読書

暑い日や寒い日、静かな星の夜も
土砂降りの雨の中でも
一人で黙々と読書をしています。

著者 酒匂 猛
判型、他 B5判 上製本 194頁 オールカラー

著者紹介

酒匂 猛(さこう たけし)

1943年、台湾で生まれる。1968年、鹿児島大学農学部獣医学科卒業。千葉県庁職員を経て、1972年、鹿児島市平川動物公園に勤務。2003年、平川動物公園長を最後に定年退職。 趣味は写真で、主に鹿児島の風物を撮っている。二宮金次郎さんとの出会いは、廃校跡の写真撮影がきっかけ。

型番 978-4-86124-373-8

定価 (販売価格)

3,000円(税込3,240円)
購入数


お知らせ


ブログ・からいも畑から


下田写真帳


メールマガジンで新刊案内をお送りさせていただきます

Top