【3月中旬刊行・ご予約受付中!】ミクロ原子世界とマクロ宇宙のつながり〈後編〉量子力学と相対性理論

量子力学と相対性理論の関係を解析する

量子力学とアインシュタインの相対性理論の関係を解析。両法則の融合により、粒子から光子への変化、並びに粒子のエネルギーと空間サイズ、生成時間の関係を記述する。


■内容(目次より)

第15章 地球を周る月の動き
第16章 原子系の相対性理論
 16-1 調和振動粒子の相対性理論
 16-2 原子内の電子の相対性理論
第17章 万有引力の量子力学と相対性理論
 17-1 万有引力と量子力学
 17-2 万有引力と相対性理論
 17-3 運動粒 子のエネルギーと相対性理論
第18章 物理法則の構成因子

世界的に注目される成果。
著者は、鹿児島大学名誉教授。

著者 平田 好洋
判型、他 A4判、48ページ

著者紹介

平田 好洋(ひらた・よしひろ)

1953年、鹿児島市生まれ。1981年、九州大学大学院工学研究科博士課程応用化学専攻単位取得満期退学(1983年工学博士号取得九州大学)。1981年、鹿児島大学工学部助手。1985年、ワシントン大学材料科学工学科博士研究員などを経て、1994年、鹿児島大学工学部教授。2019年、鹿児島大学定年退職。鹿児島大学名誉教授。 研究内容は、ムライトセラミックスの合成、炭化ケイ素セラミックスの合成、高イオン導電性セラミックス、固体酸化物形燃料電池、コロイドプロセッシング、複合材料、バイオガス改質、熱物性。受賞歴、1997年日本セラミックス協会第51回学術賞、1998年米国セラミックス学会第21回フルラース賞他。

型番 978-4-86124-517-6

定価 (販売価格)

2,500円(税込2,750円)
購入数


お知らせ


ブログ・からいも畑から


下田写真帳


メールマガジンで新刊案内をお送りさせていただきます

Top