九州発 食べる地魚図鑑

魚、エビ、カニ、貝、ウニ、海藻など550種!!

店先に並ぶ魚はもちろん、漁師や釣り人だけが知っている魚まで計550種を解説。著者は水産学部の教授。全ての魚を実際に著者が料理して食べてみた「おいしい食べ方」も紹介する。魚に加えて、エビ・カニ、貝、ウニ・クラゲや海藻まで。
巻頭には魚料理の基本、さばき方から、刺身、茹で、煮、焼き、揚げまで丁寧にてほどき。簡単レシピ75、とっておきレシピも公開。

「おいしい食べ方」も紹介

内容(目次より)

第1部 地魚をおいしく食べる
  1.魚料理の基本
  2.地魚料理の簡単レシピ
  3.地魚料理のとっておきレシピ
第2部 食べる地魚図鑑
  1.魚のなかま
  2.エビ・カニのなかま
  3.貝・イカ・タコのなかま
  4.ウニ・クラゲなどのなかま
  5.海藻のなかま
資料 九州の伝統漁法

著者 大富 潤
判型、他 A5判 255ページ オールカラー 

著者紹介

大富 潤(おおとみ じゅん)

1963年兵庫県生まれ。1991年東京大学大学院農学系研究科水産学専攻博士課程修了。鹿児島大学水産学部教授。農学博士。専門は水産資源生物学。著書に『かごしま海の研究室だより』(南日本新聞社)、『エビ・カニ類資源の多様性』(共編著、恒星社厚生閣)など。

型番 978-4-86124-225-0

定価 (販売価格)

3,800円(税込4,104円)
購入数


お知らせ


ブログ・からいも畑から


下田写真帳


メールマガジンで新刊案内をお送りさせていただきます

Top