医食農同源の論理―ひとつらなりのいのち―

医学は栄え、
病人は溢れる


「医学は栄え、病人は溢れる」。この倒錯した現状からの転換を図るには――。
薬を出す前に食養生の説法をする竹熊宜孝医師、雑穀料理を提供する大谷ゆみこさん、韓国に有機農業を定着させた前大臣金成勲氏ほか16人のインタビューから、いのち輝く道へのヒントが。


視点を変えれば、
暮らしも変わる。

内容(目次より)


農業がいのちをつくる……竹熊宜孝(公立菊池養生園診療所名誉園長)
理想は江戸時代の和食……堂園晴彦(堂園メディカルハウス院長)
健康づくりは毎朝の味噌汁から……古川實人(古川医院院長)
始まっている体の中の「沈黙の春」……矢山利彦(YHC矢山クリニック院長) 


身体と地球を元気にする「未来食」……大谷ゆみこ(穀菜食研究家)
伝統的日本食の素晴らしさ……パトリシオ・ガルシア・デ・パレデス(マクロビオティック料理シェフ)
ストレスをためない、人に与えない……北谷勝秀(元国連人口基金事務局次長)
助けられ上手になろう……デジャーデン・由香理(パーマカルチャリスト)


古代米は卑弥呼も食べていた……武富勝彦(スローフード大賞受賞者)
身土不二、そして土産土法、地産地消へ……片野学(九州東海大学農学部教授)
「農都不二」消費者が有機農業を育てる……金成勲(前韓国農林大臣)
作物の種子を農民の手で守ろう……ジュード・ファントン(シードセーバーズ・ネットワーク設立者)

検ヾ脅佞凌瓦膿べて癌を克服……寺山心一翁(ホリスティック経営コンサルタント)
心の耳を研ぎ澄まそう……神渡良平(作家)
文化は絶望を希望に変える……三嶽公子(NPOかごしま文化研究所理事長)
食と農、シュタイナーのまなざし…竹本浩子(シュタイナー研究家、イザラ書房取締役)

著者 波多野 毅
判型、他 四六判 219ページ
型番 4-86124-011-5

定価 (販売価格)

1,600円(税込1,760円)
購入数


お知らせ


ブログ・からいも畑から


下田写真帳


メールマガジンで新刊案内をお送りさせていただきます

Top