鹿児島の子どもハンドブック ―民間版子ども基本計画―

子どもは、自らのびのび
育つ力を持っている!

その力を確信する大人たちが、それぞれの地域で子どもを育む土台づくりに関わった。無料の学習支援、子ども食堂、子ども劇場、自然学校、地域と共に歩む障害者福祉施設、環境学習、地域文化を学ぶ青年団……。
鹿児島の地で実践を続けた市民が、これからの子どもたちのために、大人にできることを提言。


■内容(目次より)

刊行に寄せて
序 章 状況認識 
第一章 困窮支援・キャリア教育 学校外からサポート
第二章 地域 森の玉里子ども食堂
第三章 芸術・文化 鹿児島県子ども劇場
第四章 自然学校 どんぐり自然学校
第五章 福祉 麦の芽福祉会
第六章 環境教育 水俣病を切り口に
第七章 青年組織 青年団と地域文化継承

コラム ー児島の学歴社会化と県外移動の変化
コラム◆_搬欧寮ぢ經峺鯲の危機
コラム 子どもの絵は言葉
コラムぁ〇劼匹發竜鐓貊蠅鼎り
コラムァ|楼茲鼎りの核となる人権意識の問題
コラムΑ[ヅ腓里らしと教育
コラムА|楼茲忘ざして生きること

子どもを思うすべての大人たちに
読んで欲しい1冊。
ー元鹿児島国際大学・子どもと本かごしま代表 種村エイ子

編者 鹿児島の子どもハンドブック編集委員会
判型、他 A5判、244ページ

著者紹介

編集代表

 前田晶子(鹿児島大学)

編集委員

 池水聖子(一般財団法人鹿児島県青年会館艸舎)
 内山 仁(鹿児島国際大学)
 大平政徳(鹿児島子ども研究センター)
 黒川久美(社会福祉法人麦の芽福祉会・むぎっこ保育園)
 園田愛美(森の玉里子ども食堂)
 竹下清一朗(鹿児島県西之表市立下西小学校)
 深瀬好子(鹿児島県子ども劇場協議会)
 米藏雄大(一般社団法人folklore forest)

型番 978-4-86124-450-6

定価 (販売価格)

1,800円(税込1,980円)
購入数


お知らせ


ブログ・からいも畑から


下田写真帳


メールマガジンで新刊案内をお送りさせていただきます

Top