島津四兄弟 ー義久、義弘、歳久、家久の戦いー

戦国最強と称された無類の強さ

四兄弟は、武勇、知略に優れ念願の三州(薩・隅・日)統一を果たし、さらに、大友、龍造寺といった武将を撃ち破り、九州全域をほぼ手中に収めた。本書は『島津国史』『薩藩旧記雑録』などの根本史料に基づいて、四兄弟の足跡を忠実にたどる。


内容(目次より)

序 章  戦国大名島津氏の誕生と島津四兄弟について
第一章  島津四兄弟と三州統一
第二章  島津四兄弟と九州制覇
第三章  島津四兄弟と豊臣秀吉
第四章  義久・義弘と徳川家康
第五章  関ケ原の合戦と義久・義弘
結 章  晩年の義久・義弘、島津四兄弟の残したもの

多くの方に楽しんでほしい ―
鹿児島国際大学名誉教授 歴史学者 三木 靖

著者 栄村顕久
判型、他 A5判並製 242ページ

著者紹介

栄村顕久(さかえむら あきひさ)

1980年、鹿児島県南さつま市坊津町生まれ。2003年、鹿児島国際大学卒業。その後民間企業に勤務しながら、中世、近世史、とりわけ島津氏と中央政権との関係について研究を重ねてきた。

型番 978-4-86124-346-2

定価 (販売価格)

2,000円(税込2,160円)
購入数


お知らせ


ブログ・からいも畑から


下田写真帳


メールマガジンで新刊案内をお送りさせていただきます

Top