TOP >

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [5] 商品中 [1-5] 商品を表示しています

私の大切な人だから

800円(税込880円)
SOLD OUT

【布田ハンナ/著】
「境界型人格障害」というひとりの「精神しょうがい者」からすべての人へのメッセージ。「泣いてもいいよ 笑ってもいいよ あなたはあなたらしく してていいよ がんばらなくって いいよ がんばってみても いいよ」


隼人学ブックレット3 若者がつなぐ地域力

800円(税込880円)

【志學館大学生涯学習センターほか/編】東日本大震災以降、若い世代の地域貢献志向の高まりが指摘されている。南九州においても例外ではない。本書は、環境や福祉・教育を視野に入れた農業に挑む若者、ミュージカルを通して成長していく子どもや若者たち、英語を駆使しながら異文化と地域を発見していく学生たち、そして新しい青年組織の胎動などをレポートする。


私たち図書館やってます! ─指定管理者制度の波を越えて─

1,400円(税込1,540円)

【NPO 法人 本と人とをつなぐ「そらまめの会」/編著】
街の図書館に指定管理者制度の導入が決まった。そこにボランティアがNPO を作り、運営に名乗りを上げた。それから4 年、図書館はがぜん息を吹き返した。スタッフの司書魂が次々に新機軸を繰り出し、イケてる図書館を演出する。


【11月下旬刊行】私とマヤナッツ ─魂の伴侶のラブストーリー─

2,000円(税込2,200円)

【大田美保/著】マヤの世界に魅せられた著者は、牧場を作るためにマヤの森が燃やされている事実に衝撃を受け、マヤナッツで森と人を守るフェアトレードを起業する。ビジネスとスピリチュアルを統合し、日本でマヤナッツの真価の普及に力を注ぐ著者の物語。



写真集 我が町いちき For Ever

2,200円(税込2,420円)

【市来町まちづくり推進懇話会・市来を元気にする会/編】
2005年10月、市来町は串木野市と合併し、いちき串木野市となった。合併を前に、市来にまつわる写真を公募。集まった写真とともに、市来を語る上で欠かすことのできない写真を多数収録した写真集が誕生。


全 [5] 商品中 [1-5] 商品を表示しています

お知らせ


ブログ・からいも畑から


下田写真帳


メールマガジンで新刊案内をお送りさせていただきます

Top